ガラスの辞典

板ガラスいたがらす

種類と機能

  • フロートガラス(ふろーとがらす)

    フロート法で製造した、現在最も一般的は透明ガラス。

  • 安全ガラス(あんぜんがらす)

    衝撃などによる破損に対して安全対策をしたガラス。合わせガラス強化ガラスのこと。

  • 合わせガラス(あわせがらす)

    2枚以上のガラスをくっつけて作ったガラス。ガラスとガラスの間いろいろな機能を持つ中間膜を挟んでいます。→主な中間膜=PVB(ポリビニールブチラール)EVA(エチレン酢酸ビニール共重合樹脂)

  • 強化ガラス(きょうかがらす)

    フロートガラスを加熱し、風で急冷することで強くした「熱処理ガラス」。

  • 倍強度ガラス(ばいきょうどがらす)

    強化ガラスより冷却の速度を遅くすることで、強化ガラスよりは強度が低い「熱処理ガラス」。

  • 化学強化ガラス(かがくきょうかがらす)

    化学薬品を使って強くしたガラス。

  • 複層ガラス(ふくそうがらす)

    2枚のガラスの間に、空気、ガスを封入した断熱性が高いガラス。ペアガラスともいいます。→封入するガス=アルゴンガスクリプトンガス

  • Low-Eガラス(ろういーがらす)

    表面に金属(酸化スズや銀)をスパッタリングした断熱性が高いガラス。低放射ガラスともいいます。
    スパッタリングの項目を参照

  • Low-E複層ガラス(ろういーふくそうがらす)

    Low-Eガラスを使用した複層ガラス。国内の板ガラスメーカー3社の製品をエコガラス(えこがらす)といいます。

  • 型板ガラス(かたいたがらす)

    表面に模様がある装飾性が高いガラス。ざらざらした「梨地(なしじ)」、霧がかかったような「かすみ」などがあります。

  • 網入りガラス(あみいりがらす)

    金網が入ったガラス。飛散防止効果があります。防火設備に使用できます。
    防火設備の項目を参照

  • 結晶化ガラス(けっしょうかがらす)

    ガラスを加熱、溶融することで結晶させたガラス。耐熱性が高い。セラミックガラスともいいます。

  • 高透過ガラス(こうとうかがらす)

    青みがない、透明度が高いガラス。白ガラスローアイアンともいいます。

  • 低反射ガラス(ていはんしゃがらす)

    表面に特殊なコーティングをすることで反射を抑え、映り込みを少なくしたガラス。

  • 熱線吸収ガラス(ねっせんきゅうしゅうがらす)

    日射エネルギーを吸収し、赤外線、可視光線、紫外線などが透過するのを抑えるガラス。通常のガラスの原料に鉄やコバルトなど金属を加えており、色が着いています。

  • 熱線反射ガラス(ねっせんはんしゃがらす)

    日射を反射する、表面が鏡のようなガラス。表面に金属酸化物を焼き付けています。

  • 磨き板ガラス(みがきいたがらす)

    両面を研磨した、美しい光沢があるガラス。透視性と加工性に優れています。網入りの磨き板ガラスはプレートワイヤといいます。

製造方法

  • フロート法(ふろーとほう)

    溶融したスズの上に、溶融したガラス素地を流し出して作る方法。

  • ロールアウト法(ろーるあうとほう)

    2本のローラーの間にガラスを通す方法。ローラーのうちの1本に模様が入っていると型板ガラスができます。
    網入りガラスを作るときは、ローラーを通過するときに網を挿入します。